シュブロー・ウインド・オーケストラ

2016年9月の結成の全国的にも珍しい楽器店を母体とした楽団、
『シュブロー・ウィンド・オーケストラ Chevereau Wind Orchestra』。

シュブローとはフランス語で山羊を意味します。
ヤギ、やぎ、山羊...矢木! 母体である矢木楽器の名前をこのような素敵な形で残しています。

そして、Hr/Cl/Tp/B.sax/Tuba、低音パートのみなさんのご参加をお待ちしています!

下記お問合せフォームまたはお電話にてお問合せください。

【お問合せ】 ㈱矢木楽器店内 楽団事務局
☎ 052(352)0568

シュブロー・ウィンド・オーケストラ(Chevereau Wind Orchestra)

2016年9月発足の全国的にも珍しい、楽器店を母体とした楽団です。

楽器店ならではのバックアップにより「楽しく」「気軽に」をモットーに活動しています。

日頃の練習も「出来る時間に」「出来る範囲で」参加していただければ大丈夫です。

◆募集パート
管楽器、打楽器 全パート(現在A.Sax、T.Saxパートの受付停止中です)

◆練習日時
毎週土曜日16:00~20:00(ご都合に合わせて1~2時間の参加でもOK!)
◆練習場所
矢木楽器本社ビル 4F Canonホール
◆諸費用
団費 2,000円/月(講習会、演奏会参加時に別途諸費用が必要となる場合があります)
◆応募条件
演奏経験、レベル不問
月1回は練習に参加できる方
楽器を所有されている方(パーカッションの方除く)
(※楽器をお持ちでない場合はご相談ください)

≪今後の活動予定≫金山夏祭り 楽器を楽しむ日・ゲスト演奏(8月)/その他年3程度のイベント参加予定

バンドディレクター紹介

水野 彰(みずの あきら)

1963年
愛知県江南市生まれ。
古知野中学校吹奏楽部でユーフォニュアムを始める。

1984年
名古屋芸術大学に入学(音楽学部器楽科ユーフォニアム専攻)
柴田道夫氏に師事。在学中よりクラシックとともにジャズに興味を持ち、独学でトロンボーンも始める。

1988年 同大学卒業

その後 卒業後、ユーフォニアム奏者として、吹奏楽連盟やヤマハ主催の講習会講師、コンテストの審査員、金管アンサンブルなどで活躍。
現在、一宮市消防音楽隊嘱託隊員、大垣女子短期大学総合音楽科非常勤講師、関市消防音楽隊講師、オーモリ・ウインドアンサンブル奏者、大須オペラ・シアター管弦楽団奏者(兼バンドマスター)などを勤める。
吹奏楽指導者としては、名古屋市教育委員会派遣の外部指導講師として、市内いくつかの小学校(金管バンド)、中学校(吹奏楽)の部活動にて指導にあたっている。
トロンボーン奏者としては独学であるが、デキシーランドジャスバンド、モダンジャズコンボ、ビックバンド、ダンスバンド、演歌・歌謡曲のバックバンド、ソウルバンド、 ファンクバンド・オールディーズバンドのホーンセクション、スタジオ録音等あらゆるタイプのポピュラーミュージックを実地にて学ぶ。
現在、デキシーランドシンギングベアーズ(リーダー)、森剣治デキシーランドカンパニー、CUGジャズオーケストラ(バストロンボーン・チューバ担当)、ガトロジャズオーケストラ、 小畑孝廣ジャズコンセプション、名古屋トロンボーンクラブ等に所属。

FBCWO
TWCWO
ホーム > シュブロー・ウインド・オーケストラ

このページの上へ